2015年03月22日

大学進学に向けて、とある高校生の不安なこと

本題に入る前に
これからチョイチョイ話題に出てくると思うのでご紹介
22
Layla(レイラ)
2013年4月5日(10:30)生まれの女の子
 
FBで里親を探していた美佐さんから譲って貰い、
2013年6月15日、我が家に来ました 

スコットと一緒に仔猫ちゃん達に会いに美佐さん宅に行った時、
最初に近づいて来て、差し出すスコットの指を噛んだ(舐めた)のが
Laylaでした

仔猫を育てるのは生まれて初めてだったので、Laylaが
大きく育つまで毎日が不安だらけでした。
家を空ける時は、スコットや友人のSさんが来てくれたりして
Laylaと一緒に留守番をしてくれたり、本当に助けてくれました
ありがとう 

さて、話し変わりますが

一昨日、4月から3年生になる高校生の子と
大学進学に向けての相談を受けてきました。

日本の大学か海外の大学か。
両親は基本的に、自分が望む事を尊重してくれている。
自分は海外の大学に進みたいと思うけど、不安がある。

その不安というのは、当然の事ながら、「お金」と「住まい」についてでした。

スコットと私は、その不安に思っている事を比較をしながら、
きちんと応えてあげていると彼の表情がだんだん明るくなって。

スッキリしたようでした。
良かった

その後の彼の相談は、

日本と違ってアメリカの学校は、入学が9月からですよね?
自分の高校は、卒業時に卒業後の進路が決まっている事を
望んでいるようなのですが、来年3月の卒業前までに、
その大学へ入学できる事を高校に伝える事は出来ますか?
など等。

具体的な相談に応える事が出来て良かった

CJCへの入学には、まずTOEFLを受けて75点以上を取る必要が
ありますが、彼は、問題ないと思うので、あとはご両親の了承さえ貰えば

不安だった「住む所」について、探すのはさほど難しい事ではないでしょう

幸い、向こうには、知り合いが沢山いますし、強いネットワークがありますから
ルームシェアの相手も直ぐに見つかると思います。

その他、細かい事もこれからサポートしていきたいと思います

彼ら高校生の目線に合わせて、初めて気づく事とか
質問を受ける自分達も、彼のお陰で色々と参考になりました。

良いミーティングになりました




 


コメントする

名前
 
  絵文字